デリケートゾーンをセルフケアで脱毛する際の注意点

デリケートゾーンをセルフケアで脱毛する際の注意点は、粘膜が近くにあるIラインは非常にデリケートな部位なので、特に気をつけて処理することです。また、Oラインは自分ではとても見にくい部位なので、基本的にセルフケアでの脱毛はオススメできません。初めてデリケートゾーンをセルフケアする場合、いきなりカミソリやシェーバーを使うのではなく、まずはカットすることです。そうすることで肌や毛穴を傷つける心配がなく、ダメージがありません。Vラインのセルフケアで注意することは、最初にしっかり形を決めておくことです。形が決まったら、最初にハサミで毛を短くカットし、カットが済んだら、毛の流れに沿ってカミソリなどで形を整えます。ただ、カットの際、ハサミで切ってしまうと、ヘアーの毛先が鋭利になり、チクチクします。従って、事前の処理には、Vライントリマーやシェーバーなど、Vライン処理向専用のケアアイテムを使うことです。カットする長さは、大体、2~3センチ位が理想です。処理後の注意点としては、必ずクリームやローションで保湿することです。カミソリで脱毛する際は、古くなったものは使わないようにしましょう。

メンズvio脱毛専門店

ムダ毛脱色のメリットとデメリット

ムダ毛脱色とは、毛を脱色して、ムダ毛を自己処理していく方法になります。あまりポピュラーな方法ではありませんが、脱色クリームを使用してムダ毛脱色する方法は、値段が安く、痛みも少なく、手軽に処理できるメリットがあります。脱色クリームをムダ毛に塗り、しばらく放置すると、ムダ毛が金髪のような色に脱色されて目立たなくなります。

素早くできるので簡単で手間がありません。ムダ毛脱色なら、薬品がとても安価で手に入ります。数百円程度ででき、比較的短時間でできます。薬品を塗布したらあとは、放っておくだけで脱色が完了するので、実に簡単です。但し、ムダ毛脱色する場合、デメリットもあります。

薬剤を使って処理するので、肌に負担がかかります。

肌への負担は相当なものがあるので、短期間に何度も使用することはできません。肌が弱い人は、脱色剤の刺激で肌がかぶれてしまい、赤く腫れて炎症を起こす危険性があります。

肌の弱い人は特に肌荒れなどの原因になってしまうので、脱色クリームを購入する際は、できるだけ刺激が少ない商品を選ばないといけません。

ムダ毛処理

肌荒れしない脱毛クリームの特徴

多くの女性がムダ毛のお手入れに頭を悩ませており、カミソリやシェーバーでいくら処理してもすぐに生えてくるためうんざりしている方もたくさんいらっしゃいます。

また体質的に肌が弱いとカミソリの刺激で炎症を引き起こしたり肌の角質を剥がしてしまう恐れがあり、処理跡が黒いブツブツとして残ってしまうと余計に目立ってしまうため大変厄介です。そんな面倒なムダ毛の処理ですが、近年においては脱毛クリームを利用することで綺麗にムダ毛を処理出来るため注目を集めています。

脱毛クリームに含まれる成分が毛髪を溶かす作用があり、肌には影響を与えないので肌荒れしないで綺麗にムダ毛のみを処理出来るのが特徴です。

脱毛クリームを毛が生えている部分に塗り、5分ほど放置した後にティッシュでふき取るだけなので誰でも短時間でムダ毛処理が可能であり、カミソリやシェーバーで処理するよりも処理跡が残りにくいので見栄えが非常に良いのが魅力です。効果の持続性も高く、半月以上は新たなムダ毛が生えないので自己処理の頻度が減少して肌にも優しいので安心です。

ムダ毛の処理が多くなる夏の時期が不安な方は、肌荒れしない脱毛クリームで綺麗にムダ毛を処理してみてはいかがでしょうか。

脱毛クリーム

クリニックとサロンのVIO脱毛の違い

VIO脱毛はクリニック、サロンどちらでも施術が受けられますが、それぞれ脱毛完了までにかかる施術回数や、痛みの強さという点に置いて違いがあります。
まずクリニックの医療レーザー脱毛と、サロンのフラッシュ脱毛では完了までに必要な施術回数の面では医療レーザーの方が少なくなります。
レーザー脱毛とフラッシュ脱毛はメカニズムはほとんど同じ脱毛方法なのですが、使用される機器の出力がレーザーの方が強いため、より少ない回数で施術が終了するというわけです。
必要な回数は個人差もあるのですが、目安としては医療レーザー脱毛は5回ほど、フラッシュ脱毛は10回ほどと差があります。
また、1回毎の施術は2~3ヶ月の期間を開けて行う必要があるため、合計でかかる期間はそれぞれ1年前後、または1年半~2年ほどとなります。
次に痛みについてですが、これは出力の高いレーザー脱毛の方が強くなります。
レーザー脱毛、フラッシュ脱毛ともにムダ毛の毛根部分の細胞を熱のダメージで焼き切ることによって脱毛効果を得るというものなのですが、出力が高いほうが与える熱のダメージも大きくなるため肌に伝わる痛みは強くなります。
VIO脱毛は他の部位の脱毛と比べると特に痛みが出やすいので、レーザー脱毛の場合は必要に応じてクリームやジェル状の麻酔が使用されるということもあります。

脱毛クリーム